石田不動産鑑定士事務所
プロフィール サービス内容 Q&A コラム リンク集 メインメニュー
石田不動産鑑定士事務所
サイトマップ
お問い合わせ
アクセス

サービス内容

不動産鑑定評価は税務上、企業会計上、法令上その他その必要性が高まっており、お客様のご要望も多様化しています。石田不動産鑑定士事務所では様々なお客様のニーズにお応えします。

《不動産鑑定評価業務》
不動産を売買するときや交換するとき

不動産を買いたいときや、不動産を売りたいというときはまず、不動産の適正な価格を知っておく必要があります。また、不動産の交換をするときにも、鑑定評価をしておけば有益な参考資料となります。

不動産投資をするとき

地域的な要因や個別的な要因によって不動産の価格は大きく変化します。不動産投資をお考えの際は不動産に係る専門家の意見を表す鑑定評価書が大切な資金を投資する重要な判断材料になります。

資産評価するとき

土地・建物を再評価するときは鑑定評価が必要となります。不動産の価格は時々刻々流動的なために、最新の価格を把握しておくことが大切です。

減損会計を導入したいとき

企業の持つ事業用の土地などの地価下落によって現在の評価額が帳簿価格に比べ著しく下落している場合にその差を損失として計上するのが減損会計制度です。減損会計の導入は、貸借対照表の固定資産評価を正しく行うことによって、その透明性を高めることが最大の目的になっています。また、減損処理を行うことによって、損失を将来に繰り延べないことも、重要なポイントです。その減損の発生に備えるために、まずは不動産の適正な価格の把握が必須です。適時に対応することが今後ますます重要になってきます。

不動産を担保に供するとき

保有されているビル、工場、土地、ご自宅などを担保に事業資金などを借りるとき、各金融機関からの信頼性が高い鑑定評価書を得ることが何よりです。

不動産を賃貸借するとき

ビル・アパート・地代などの賃料決定・改定にあたっては、円満に契約できる賃料を設定することが必要です。このような場合には、専門家が判断する鑑定評価が有効です。

市街地再開発や共同ビルの権利調整をするとき

市街地再開発や共同ビルの権利調整は、権利関係が複雑で煩雑です。無用な混乱やトラブルを防ぐためにも客観的で公平な鑑定評価が必要です。

相続などで適正な価格が必要なとき

遺産相続で一番の問題となるのが不動産の価値の把握です。鑑定評価があれば適正な価格が明示でき、公平な相続財産の分配をすることができます。
  プロフィールサービス内容|Q&A|コラムリンク集お問い合わせアクセスTOP
有限会社 石田不動産鑑定士事務所
〒370-0816 群馬県高崎市常盤町58-1-110
TEL.027-333-4458 FAX.027-333-2631